トップ / ある成分がアトピーを悪化させる

アトピー改善の入浴法

ある成分がアトピーを悪化させる

アトピーを悪化させる塩素

さて、お風呂に入る時にもうひとつ気をつけたいのが「水質」です。日本の水道水には諸外国の倍もの量の塩素で殺菌処理されていますが、塩素は殺菌効果が高いだけあって刺激も強く、肌細胞を傷つけ、壊してしまいます。アトピー肌の方はアレルギー体質なので、この強力な塩素を排除しようと免疫が過剰に働き、肌状態が悪化してしまうのです。

普通肌の方に比べて刺激に弱いアトピー肌の方にとって水道水の塩素は大敵で、是非とも取り除きたい要因です。せっかくお肌をよくしようとお風呂に入ったのに悪化してはがっかりですものね。

そこで、お風呂の水道水から塩素を除去する方法をいくつかご紹介しましょう。まず、塩素除去機能のついたシャワーヘッドを使う方法です。塩素を除去するためにシャワーヘッドの中にビタミンCのパウダーをセットするタイプです。塩素はビタミンCと結合すると中和されます。この化学反応を利用することで、塩素を除去するものです。

もうひとつは、セラミックがシャワーヘッド内にセットされたタイプです。セラミックにも塩素を除去する働きがあり、セラミックのカートリッジを通過させることで、水質を改善することができます。

他には前述のビタミンCのパウダーを少量バスタブに入れるのも同じ効果があります。また、炭にも塩素を除去しお湯を柔らかくする効果があります。この場合、炭を定期的に煮沸したり、日光に当てたりしてメンテナンスすることで効果が持続します。

さらに、簡単な方法としては、入れたばかりのお風呂に入らない。というのも有効です。塩素は湯気の中に放出されて蒸発します。ですから、換気をして湯気が収まってから入浴すれば塩素の害はないのです。やかんでお湯を沸かす時にも蓋をしないほうが塩素が抜けて良いと言われていますね。