トップ / アトピーの方が体を洗う際には

アトピー改善の入浴法

アトピーの方が体を洗う際には

体を洗う時のポイント

つぎにお風呂での体の洗い方も見直してみましょう。アトピー肌は乾燥しています。乾燥している状態とは角質層に水分や皮脂が保たれていないということで、この時お肌のバリア機能は低下しています。体を洗う時はこのことを意識して洗うようにしましょう。

具体的には、ボディソープなどではなく純石けん分のみで作られた石けんを使いましょう。ボディソープには配合されている成分が多く、刺激になる成分が含まれている場合、角質層に入り込みやすくなります。またボディソープには香料が配合されたものが多いですがこれも刺激になりがちです。

石けんを使って洗う際、なるべく少量の石けんでクリーミーな泡になるまで泡立て、手で洗いましょう。泡立てネットを使うと面白いように泡立ちます。しかし、手にアトピーの症状が出ている場合は、手のひらを使って石けんを泡立てている時点で手の皮脂が取れすぎてさらに乾燥してしまう場合があります。その場合は、ポンプタイプの純石けん分のみが原料のリキッド状の石けんが手に入りますので、こちらを使ってみるとよいでしょう。ポンピングするだけで、泡状の石けんが出てきます。

さて、手のひらに乗せた泡で体を洗って行きますが、泡で優しく体を包み込むようなイメージで石けんの泡を体に広げて行きます。この時、体に触れるのは石けんの泡だけ。手は体に触れず泡で体を撫でて行くようにしてみてください。

これで十分に汚れや皮脂も落ちますし、殺菌もできます。黄色ブドウ球菌はアトピーを悪化させる要因の一つなので、お肌の清潔を保たなくてはなりませんが、この洗い方で十分です。また、お肌の上のステロイド軟膏やワセリンなども綺麗に落ちます。

ステロイド軟膏はお肌がワセリンなどでコーティングされた状態で塗っても効果は上がらないので、皮脂の取りすぎは禁物ですが、塗ってあったステロイド軟膏やワセリンの油分はさっぱりと落としておきましょう。