トップ / 入浴後に最も大事なポイントが

アトピー改善の入浴法

入浴後に最も大事なポイントが

入浴後には保湿が大事

入浴後には必ず保湿をしましょう。アトピー肌は、バリア機能が落ちているために外部の異物が角質層内に入り込みやすくなっています。また同時に水分も蒸発しやすいのです。入浴直後はお肌が潤っていますが水分はみるみる蒸発してゆきます。タオルで体の水分を軽く拭ったら少しでも早く保湿ケアをしましょう。

最近では、お肌の機能を高めるため少し時間をおいてからスキンケアをしたり、あまり保湿をしないようにする。などのケアをすすめる向きもありますが、状態がよくない時はお肌を優しくいたわることを主眼において手早くていねいに保護をしましょう。

保湿ケアには、水分の蒸発を防ぐために皮膚の表面を覆うケアと、角質層に水分を保つケアとがありますが、アトピー肌では表面を覆うケアと、角質層内の水分を保持する細胞間脂質であるセラミドがとても少ないので、これを補うケアの両方をしましょう。

皮膚の表面を覆うには、オイルやクリーム、ワセリンなどを使います。オイルや鉱物油由来のワセリンはそれ自体には水分はありませんが、角質層内の水分の蒸発を防ぐには有効です。ワセリンを使う場合は眼科用に使われるプロペトやサンホワイトなど、精製度の高いものを選びましょう。

無添加の表記がある商品はお肌に優しいイメージではありますが、例えばエッセンシャルオイルが配合されていたり、体に合わないオイルが配合されている場合、角質層に浸透すると本来ある細胞間脂質のバランスを崩すこともありますので、成分表示は日頃からよくチェックしてご自分に合うものを把握できるようになるとアイテムを選択しやすくなります。

次に保湿によって角質層内に水分を保持するには、不足しているセラミドが配合されているローションなどを使いましょう。セラミドは「天然セラミド」「ヒト型セラミド」が配合されたものを選びましょう。天然保湿因子(NMF)と類似の働きをしてくれるヒアルロン酸、また、コラーゲン、エラスチンなども有効です。

ステロイド軟膏は炎症を収めてはくれますが、角質層内の水分量が減るという一面があります。ですからステロイド軟膏をお使いの場合は必ずこの2種類の保湿ケアをしてください。

アトピー肌のスキンケアは保湿に始まり保湿に終わるといっても過言ではありません。その中でも入浴後の保湿ケアはお肌の状態を左右する大切なケアといえます。体調や季節、お天気などによって適切なアイテムは変わってきますので、ご自分の肌状態を常によく観察して、その時々必要なケアになるようカスタマイズしてみてくださいね